梨がのどに効く漢方薬ですって?

名にし負う稲城の梨、新高(にいたか)をいだだきました。

新高のなかでも特に大きな物のようで、直径が12,3㎝程ございました。

画像ではイメージが湧きませんが、最初見た時は小ぶりなメロンかと思うほど。

これほど大きな梨は初めてです。流石、梨と葡萄の里 稲城。

ところで、このところ「のど」の調子が気になる方が増えてきています。

乾燥、花粉の飛散、気温の低下などが刺激になっていることが考えられます。

かくいう私も最近ものを飲み込むときに少々「のど」に違和感を感じたりしました。

話は再び梨に戻って…

梨は、いうまでもなく口にいれるとみずみずしいですよね。

漢方では、解熱、消炎作用があるとされ「のど」の不調に特に効果が高いとされています。

甘み成分が乾燥した「のど」に潤いをあたえるため、蒸し煮にして、より濃厚にするとより効果が高くなります。

とくに秋は、「のど」に限らず潤いが不足する季節になります。

潤いが不足すると、皮膚の乾燥、ほてり、寝汗のような症状にもつながっていきます。

こういった症状が気になる方は、食べ物で対策してみるのはいかがでしょう?

潤いを補うには、梨以外にも、長いも(山いも)、百合根、とうふ、あさり、はちみつなどを摂ることが効果的です。

なんとなく、白っぽいものと覚えましょう。はちみつは、普段の飲み物に少し入れたりすると摂りやすいですね。

鍼でも、潤いを補うツボがあります。潤い不足が気になる方は教えて下さいまし。

では、今日はこのへんでお開き。またお会いしましょう。

あおきば治療院
〒206-0033 多摩市落合1-24-1 ルミエール1階

予約電話:042-337-5667
定休日:水曜日
受付時間:9:00~20:00

あおきば治療院 TOP >>

関連記事

  1. 営業部長

    春野菜 辛みと酸味

  2. 大豆

    立春と節分と大豆

  3. もち

    年末年始はおもちを食べて疲れ対策

  4. 多摩市の夜桜

    春の始まりと花粉症

  5. 灌仏会

    諸行無常をとりいれる

  6. 春の七草

    七草粥で胃腸をきれいに

PAGE TOP