春の始まりと花粉症

ひな祭り

もうすぐ春ですね~。

この季節は、植物が上に向かって成長するように、体の中でも「気」が上へ上へと上昇すると古くから考えられてきました。自然も人間も同じという思想です。

そのため胸から上に症状があらわれると言われています。
今の季節なら、花粉症もそのひとつです。
当院に来院される方の中にも、程度の差はあれ、花粉症の方も多くいらっしゃいます。

ちなみに私は、花粉症ではないのですが、なぜかこの季節には、くしゃみが出たり目がかゆくなったりします。人はそれを花粉症だと言うこともありますけれども。

このような症状には、上に昇りすぎた「気」を下げるために足元を温めましょう。私の場合ですと、脚の内くるぶし付近のお灸で対処しています。
それと呼吸器系の力をつけるために、背中(肩甲骨の間)のお灸も昔から言われています。

ところで、「気」というと、昔のテレビではうさんくさい超能力的な扱われ方をされているものが多かったですね。
東洋医学的な「気」は、それとは違って、エネルギーや熱のようなものと考えてください。

あおきば治療院
〒206-0033 多摩市落合1-24-1 ルミエール1階

予約電話:042-337-5667
定休日:水曜日
受付時間:9:00~20:00

あおきば治療院 TOP >>

関連記事

  1. 多摩市のあじさい

    梅雨の時期の体調不良とは?

  2. 営業部長

    春野菜 辛みと酸味

  3. 多摩市内のうぐいす

    昨日は花まつりで今日は鍼灸の日

  4. 稲城の梨 新高

    梨がのどに効く漢方薬ですって?

  5. 灌仏会

    諸行無常をとりいれる

  6. 大豆

    立春と節分と大豆

PAGE TOP