低気圧、湿度、気温の変化が体を疲れさせる?

このところ、ジメジメする日が続きますね。

気分転換に晴れの日の多摩中央公園の画像を載せておきます。気持ちだけでも晴れ晴れとするといいのですが。

青空を見ると、精神を安定させる効果があるという研究結果もあります。本物の青空である必要はなく、画像でもよいようです。

確かに、写真集とかできれいな風景を見るのもいいものですね。

 

この1週間くらいは特に、梅雨特有の症状があらわれている方が多くみられました。

あまり具体的なことを書くのは控えますが、むくみや頭痛、食欲不振、何となく元気がでない・・・などなど。

低気圧で、自律神経の副交感神経が優位になることで、だるさや意欲の低下が起きているものと思われます。

副交感神経は、リラックスや休息にはたらくものですが、優位になり過ぎるとやる気を無くさせてしまいます。

また、気圧の変化、気温の変化、高い湿度によって自律神経を乱されていることもあるでしょう。

こういった症状の方には、血液循環の改善、内臓に働きかけてエネルギーの産生、余分な水分の排出を目的とした鍼灸治療をすることで症状の緩和を目指します。

肩こりや腰痛だけでなく、こういった自律神経症状を感じる方にも何らかの対応ができることがあります。

お気軽にご相談下さい。

あおきば治療院
〒206-0033 多摩市落合1-24-1 ルミエール1階

予約電話:042-337-5667
定休日:水曜日
受付時間:9:00~20:00

あおきば治療院 TOP >>

関連記事

  1. 多摩市の夜桜

    春の始まりと花粉症

  2. 稲城の梨 新高

    梨がのどに効く漢方薬ですって?

  3. 春の七草

    七草粥で胃腸をきれいに

  4. もち

    年末年始はおもちを食べて疲れ対策

  5. 多摩市落合白山神社

    夏の疲れの出るころ

  6. 灌仏会

    諸行無常をとりいれる

PAGE TOP