久しぶりに陣馬山に登って感じたこと

はじめに

定休日に、陣馬山に行ってまいりました。

この日は、静かにのんびり歩きたかったので人が少なそうなコースを選んで行ってみました。

まずはコースをご紹介しましょう。

コース概要

藤野駅→陣馬山山頂→明王峠→相模湖駅

藤野駅からのコースは、過去にも2度歩いたことがあるのですが比較的人が少なくて落ち着いて歩けます。

ルート全体としては、道に迷う心配はありませんが全くの初心者の方には少しハードかもしれません。

高尾山の6号路や稲荷山コースなら歩いたことがあるならば次に試してみるのはいいと思います。

コースのご案内

まず藤野駅の改札を出て左に向かいます。中央線の踏切を渡って、高速道路の下のトンネルを抜けます。

20~30分程度で陣馬山登山口に到着します。登山口の近くに写真のような道標があります。

私は今回、左側の一ノ尾根コースを歩きました。

ここからは上り坂になりますが、舗装された道をしばらく歩くことになります。

ある程度登ると舗装された道が終わります。そして山道に入ります。

道標の右側に見えるのがこれから目指す陣馬山です。(たぶん)

コースには道標も多くて、迷うことなく山頂に到着できます。基本的に緩やかな登りが続きます。

陣馬山の山頂は、天気が良ければ富士山がよく見えます。

その他にも、大菩薩嶺、丹沢、大山、大室山、三頭山、大岳山、武甲山などがよく見えます。

遠くには南アルプスもかすかに見えました。

景色が良いという点では、初心者の方にもおすすめの山です。

下りは、高尾方面の縦走路を進み明王峠から相模湖駅方面へ下山しました。

部長
部長
下りの説明は一行だけ?

今回のコースを歩いてみて

高尾山・高尾山から陣馬山への縦走などは、手軽ですが人が多くて登山に集中できないこともあります。

このコースは、人が少なく集中して無心で歩くことができました。

歩きながら「無」になるというのは、気持ちいいものでした。

当院にいらっしゃる方の中にも、マラソンや水泳、ヨガなどをされているかたも多いです。

そのような方は、集中していると「無」になれるとおっしゃることがあります。

日常生活で疲れたら、家でゴロゴロするよりも、体を動かして「無」になるとスッキリするかもしれません。

みなさんもご自分にあった、心をスッキリさせる方法を見つけて下さいね。

部長
部長
気分をリフレッシュする方法が見つかるといいね。

 

あおきば治療院

関連記事

  1. 東京は葛飾柴又を歩く

  2. 菖蒲

    根津美術館 カキツバタ咲く

  3. 登山

    スマホアプリを活用して運動習慣を身につける

  4. 笠取山の分水嶺

    一日にどれくらい水を飲むべきか

  5. 立川昭和記念公園

    散歩におすすめ 昭和記念公園

  6. ハイキングコース

    鎌倉アルプス~天園ハイキングコース

PAGE TOP